Web Analytics Made Easy -
StatCounter

メモ・備忘録(設定ファイル・スクリプト類・ブックマーク)

数年後の自分が首を捻らなくて済むようにするために残す、自分で使うためのアプリの設定やスクリプト類のメモ。改変等ご自由に / 内容が古いまま、間違ったままもあるので注意 / 書いている途中や、途中で放置もあり / 対象の仕様変更で動かなくなったもの多々。特に、WorkFlowyを対象として作ったものは全滅。

TaskumaのレポートをScrapboxに画像付きで保存


Dynalistに保存しているTaskumaのログに画像も必要になってきた。
そこで、Evernoteに保存したTaskumaのレポートを読み込んでやれないか?と、色々試している途中で出来た副産物、試作品。


やっていること


ちなみに自分のレポート項目は

となっている。


Scrapboxにページとして保存するのは

  • タイムテーブル(設定で保存無しにできる)
  • 地図(設定で保存無しできる)
  • メモや画像のある実行タスク(但し、メモに「@REM」と書かれたタスクは除外)


実行例


(午後のタスクにはメモも写真も無い)







試作して分かったこと

  • このJavascriptの実行方法ではエラーメッセージが出ない。PCなどを使わないとデバッグはほぼ不可能。なので、修正・改変等はとてつもなく困難。
  • ショートカットアプリ本来のJavascriptを実行させる方法(SafariでダミーのWebページを開き、共有シートメニューからショートカットを起動させる)も試してみたが、表示されるエラーメッセージが分かり辛く、先の方法とさほど変わらない。
  • ショートカットアプリでJavascript以外のアクションの組み合わせでデータの処理をやらせてみたが、43タスク × 12項目(タスク名、見積時間、実行時間〜)のデータをリスト(配列)に読み込ませるだけで1分25秒もかかった。
  • 修正・改変することを考慮すると、面倒でもScriptableやRunJavaScriptなどのJavascript実行アプリと組み合わせて作った方が楽だろう。


今回試作したショートカット

  • 既に同じタイトルのページが存在する場合、このショートカットの出力データをインポートするとページが上書きされてしまうので注意。 ← 先にエクスポートしておくと安心。
  • UpImg2Gyz/wTstTkn」ショートカットも実行するのに必要。

  • GetFromDataJar」 これも、Data Jarアプリに保存したGyazoトークンの読み込みに必要。

TSKM_EVN_SB


  • 不具合がかなり残っていると思う。
  • 例えば以下のような場合、エラーになるかもしれない。
    • 地図も含めて画像が一つも無い
    • 画像が一つしか無い
    • 完了タスクが一つも無い


追記 (2020-01-13)

sorashima.hatenablog.com
に書いたように、Scriptableもこれを書いた頃からかなり改良され、ショートカットとの連携も楽にできるようになった。なので修正するならScriptableを使った方が良いだろう。