Web Analytics Made Easy -
StatCounter

メモ・備忘録(設定ファイル・スクリプト類・ブックマーク)

数年後の自分が首を捻らなくて済むようにするために残す、自分で使うためのアプリの設定やスクリプト類のメモ。改変等ご自由に / 内容が古いまま、間違ったままもあるので注意 / 書いている途中や、途中で放置もあり / 対象の仕様変更で動かなくなったもの多々。特に、WorkFlowyを対象として作ったものは全滅。

Google Homeに話しかけてAppleのReminderに登録したい

要点: Google HomeのShoppingリストにはRSSフィードが無さそう。なのでIFTTTでRSSフィードをトリガーにするのは諦め、Googleアシスタントをトリガーにする。

IFTTTを起動し、アプレット作成を開始

先ず、トリガーを設定する

Google Homeは音声入出力ハードウェア付きGoogleアシスタントなので、Google Assitantを選ぶ

テキスト要素付きフレーズを選ぶ

フレーズに「リマインド」や「リマインダー」という単語が含まれていると、Googleアシスタントはそれ自身のリマインダーと勘違いするので、全く異なるフレーズを使う。ここでは「備忘録」とした。テキスト要素を表す「$」の前後には半角スペースを入れる。フレーズを「$」から始めることはできないみたいだ。
「購入品一覧に $ を追加」でも良いかも*1。この場合「リスト」ではなく「一覧」にしたのもGoogle自体のサービスとがち合うから。Googleのサービスとぶつからないように使う言葉には気をつけないといけない

次に、アクションを設定する

iOSのリマインダーを選ぶ

リマインダーの唯一のアクション「リマインダーをリストに追加」を選ぶ。

リマインダーの部分は初期値のままにする。その他の設定は各自の利用環境に合わせる

最後に「Finish」をタップして完成させる

Google Homeアプリに「(OK, Google、)備忘録 夏の入浴剤を購入」と話しかけた例。上手くリマインダーに登録できたみたいだ


一時期、同じものが二つずつ登録されるということがあったが、同じApple IDで使用しているiPhoneiPadの両方に入っていた同じIFTTTアカウントで使用していたIFTTTを、iPad側は消してiPhoneだけ残したら二重に登録されることはなくなった。


2020-08-11 追記

「備忘録」よりはマシなフレーズが思いつき、最近変更したので、それの設定画面(IFTTTのWebページ)を脚注に追加した。


*1:f:id:sorashima:20200812003755j:plain:w800