Web Analytics Made Easy -
StatCounter

メモ・備忘録(設定ファイル・スクリプト類・ブックマーク)

数年後の自分が首を捻らなくて済むようにするために残す、自分で使うためのアプリの設定やスクリプト類のメモ。改変等ご自由に / 内容が古いまま、間違ったままもあるので注意 / 書いている途中や、途中で放置もあり / 対象の仕様変更で動かなくなったもの多々。特に、WorkFlowyを対象として作ったものは全滅。

Apple WatchからDynalistに追記したい

手元にiPhoneが無い状況(但しApple WatchiPhoneは通信しあえる距離にある)で、一旦リマインダーに入れるのではなく、Dynalistにダイレクトに記録しておきたいシチュエーションが時々ある。(編集などは後回しにして、とりあえず入力しておきたい)

本当はSiri(ショートカット)でやりたいところだが、ここのところずっとApple Watchからのショートカットの起動に不具合が出ているらしい。

例えば、ショートカットのギャラリーにあるこの

Apple WatchからEvernoteに書き込むショートカットを試すと、

だと、

この画面のまま進まない。そしていつのまにか通常の時計フェイスに戻っている。

iPhone側は、ショートカットアプリがこの状態で止まったまま。


次に、
iPhoneを8に変えて組み合わせを、

にしても、

と、アップルウォッチではショートカットは現在利用不可だとのたまう。

iOS 13.1.2の修正箇所の記載を見ると

のように、HomePodからショートカットが起動できなかったことの修正については書かれているが、Apple Watchから起動できないことの修正については書かれていない。


更にOSをそれぞれ

にアップデートしてみた。
今回は失敗したり、成功したり。

失敗する場合は、

となる。

成功する場合も、「Appを確認中」の後に急にフランクに「待っていて」となって、何を記録するのか丁度忘れかけた頃に音声入力が始まる。
入力後は「ちょっとお待ち」と江戸っ子のような返事をして、その後は「待ってて」とか「えーと。。。」のまま処理が止まったような状態が30秒〜1分程続く。
Evernoteを確認すると、新しいノートが出来て音声入力した内容が書き込まれてはいる。
ただ、こんな終わり方や待たされる長さでは、常用に耐えない。

Apple Watch Series 5だと上手く動くのか?でも、こんなことのためにいちいち買い換える余裕は無い。


そこでIFTTTでやることに方針変更。

Google Homeに話しかけた内容をIFTTTを使ってDynalistに追記させる方法について記された、 「Google Home から Dynalist に追加 - Qiita」 という記事がとても参考になった。

上記ページを参考にしつつ、Google HomeではなくApple Watch対応にするための設定方法をまとめた。


IFTTTの設定

  • Thisの部分は、 参考ページと異なって、Google Assistant の代わりに Note widget になる。

  • 「note」で検索すると見つけやすい。

  • Any new noteをタップ

  • Thatの部分は参考ページと同じくWebhooks

  • 「webh」で検索すると見つけやすい。

  • Make a web requestをタップ


Bodyの部分は、

  • 参考ページの、YOUR SECRET TOKEN は各自のシークレット・トークンに書き換える。Dynalist APIトークンの取得方法は、wine&roses氏の記事TextwellからDynalistのInboxにAPI経由で転送するアクション - W&R : Jazzと読書の日々がわかりやすい。
  • 参考ページと異なってThisがNote widgetなので、{{TextField}} と書かれている部分は代わりに <<<{{NoteText}}>>> となる。(「Add Ingredient」ボタンを使うと入力が楽だが、直前に勝手に挿入される半角スペースを消すのに、カーソルキーが無いキーボードだと苦労するかも。IFTTTのWebの方から操作した方が楽だろう。)

{{NoteText}}<<<>>>で囲ったのは「改行」と言った所で折り返しできるようにするため。囲まないと「改行」と言った時に何ひとつ書き込まれない。


実際のApple Watchでの操作

  • 音声入力が始まる。
  • 完了をタップすれば、DynalistのInboxに追記される。iPhoneを操作する必要は一切無い。

  • 後ほどiPhoneのDynalistアプリを起動して確認したところ。きちんと書き込まれていた。

書き込めるのは一行だけ。途中で「改行」と言えば見た目は改行されるが、それはひとつのタイトルがそこで折り返されているだけ。


使ってみた感想

Dynalistのシークレット・トークンをIFTTTのアプレット中に書き込むことに少し抵抗感があった。
一行しか追記できないこともあるし、やはりApple Watchでショートカットが使えるように早く直して欲しいところ。




(このメモは前日に投稿したものとほぼ同じ内容。)