Web Analytics Made Easy -
StatCounter

メモ・備忘録(設定ファイル・スクリプト類・ブックマーク)

数年後の自分が首を捻らなくて済むようにするために残す、自分で使うためのアプリの設定やスクリプト類のメモ。改変等ご自由に / 内容が古いまま、間違ったままもあるので注意 / 書いている途中や、途中で放置もあり / 対象の仕様変更で動かなくなったもの多々。特に、WorkFlowyを対象として作ったものは全滅。

WorkFlowyモバイルアプリのFormatted contentエクスポートを、Scrapboxに合うようにインデント調整するiOS/iPadOSショートカット


WorkFlowyアプリにエクスポートが付きました - Jazzと読書の日々


エクスポートできるのか。知らなかった。

ただし、Plain textやOPMLでのエクスポートには対応してなく、formattedのみ。

formatted content(=リッチテキスト?)は、一度マークダウンに変換してインデントの処理をする。(HTMLにも変換できるが、HTMLのネストされたulタグとliタグの処理はショートカットには厳しい*1 )

残念なことに、マークダウンの仕様には「アンダーライン」というものが無い。
そのためか?、ショートカットの「リッチテキストからマークダウンを作成」アクションの出力には、イタリック体とアンダーラインの区別がない。
Boldだけ対応しても仕方が無い。文字修飾 (Bold、Italic、Underline)の変換は諦めた。


ショートカット WFyShrCnt2SB
 https://www.icloud.com/shortcuts/58710a4ed8044fde89caf552da03ff64


f:id:sorashima:20200729212028p:plain:w311
iPhoneのWorkFlowyアプリからScrapbox用に整形してみる。


f:id:sorashima:20200729212041j:plain:w311
タイトル行を左スワイプして「Share・Duplicate・Delete」メニューを表示させて「Share」をタップ。


f:id:sorashima:20200729212053j:plain:w311
一番上のShare contentをタップ。


f:id:sorashima:20200729212107j:plain:w311
WorkFlowyの出力から、直接ショートカットを呼び出す。


途中、

  • 空白の2行目を消すのか?
  • 手動で貼り付けるのか?/Scrapboxに送るのか?/Scrapboxを開くだけにするのか?
  • 書き込み先のプロジェクトとブラウザの一覧から選択

などがあり、


f:id:sorashima:20200729212142j:plain:w311
Scrapboxに送るを選んでいると、このように送信される。

問題点

WorkFlowyモバイルアプリが吐き出すリッチテキストは、このショートカットで利用している「リッチテキストからマークダウンを作成」アクションでは上手く処理できない。
f:id:sorashima:20200815151403p:plain:w311

f:id:sorashima:20200815165547p:plain:w311
この内容を上のショートカットに通しても、

f:id:sorashima:20200815171202p:plain:w311
空行や行頭の半角スペースが抜け落ちている。

下記の「WorkFlowyモバイルアプリから文字修飾とインデントを保ちEvernoteScrapboxへ送るiOS/iPadOS用ショートカット」は、「リッチテキストからHTMLを作成」アクションを使っているが、こちらも、

  • インデントレベル1の空行後のインデントレベル2

  • インデントレベル2の空行の後のインデントレベル3

の空行は再現できないし、行頭の半角スペースは抜け落ちてしまう。

モバイルアプリになぜ「Plain text」や「OPML」出力が無いのか?誰得?

モバイルアプリのシェアシートから直接Evernoteに送った場合
f:id:sorashima:20200815162819p:plain:w553
に比べればまだマシだが。

*1:よく見るとネストされておらず簡単に処理できそうだったので作ってみた。sorashima.hatenablog.com