Web Analytics Made Easy -
StatCounter

メモ・備忘録(設定ファイル・スクリプト類・ブックマーク)

数年後の自分が首を捻らなくて済むようにするために残す、自分で使うためのアプリの設定やスクリプト類のメモ。改変等ご自由に / 内容が古いまま、間違ったままもあるので注意 / 書いている途中や、途中で放置もあり / 対象の仕様変更で動かなくなったもの多々。特に、WorkFlowyを対象として作ったものは全滅。

Draftに、iCloudに保存したタグ一覧から選んでタグ付けできるDrafts用アクション (PRO版不要)

Translate this page into English


Draftsを使って日誌などを書いていると、毎日、一連の限られたタグでのみタグ付けしていることに気付く。

iPadだと、タグ付け時に、最近使ったタグが下の方に表示される。そこのタグをタップするだけ。それは便利だが、絶対に使うが最近使っていないタグは表示されない。
またiPone上では、最近使ったタグ達が表示もされない。

この問題を解消するために、アクション「Update tags…」(Processingグループの中)が存在する。よく使うタグを事前定義しておく事ができる。そして、そこから幾つかをセレクトしDraftに割り当てることができる。

しかし、事前定義タグ達を自分の用途に合わせるために、そのアクション内のScriptアクションステップを書き換えなければならない。
これは手間だし、Drafts Proをサブスクしていないとやれない。

それで、私は「Update tags…」を改造した。
事前定義タグをiCloudに保存するようにスクリプトを変えて、Scriptアクションステップの書き換えを不要にした。

また、「Update tags…」は事前定義タグと現在開いているDraftにタグ付けされたタグのみをリストアップする。
改造して作ったこのアクションでは、これらのタグのみならず、最近使ったタグもリストアップするようにした。

作ったアクションは、アクション・ディレクトリに公開した。

Update tags w/ predef tags stored in iCloud
 https://actions.getdrafts.com/a/11E


利用例


このタグ付けされていないdraftにおいて、このアクションを起動する。


初めてこのアクションを起動したときは、事前定義タグは一つも存在しない。


「tag1」と「tag2」をOtherテキストエリア達に入力して、「Update」ボタンをタップする。


「tag1」と「tag2」がこのdraftに割り当てられた。


再度このアクションを起動する。
このdraftには「tag1」と「tag2」のタグ達が割り当てられてられたので、上の方にそのことが表示されている。
「→Manage predefined tag mode」ボタンをタップする。


Manage predefined tags modeに変わった。
事前定義タグはまだ一つも登録されていないので、スイッチが入ったタグは一つも無い。


「tag1」と新たに「tag3」を事前定義タグに追加することにする。
「tag1」のスイッチをオンし、Otherテキストエリアに「tag3」を入力して、「Save」ボタンをタップする。


再度このアクションを起動する。 このdraftには「tag1」と「tag2」が割り当てられているので、それらにチェックマークが付いている。
「tag1」と「tag3」が事前定義タグ達としてiCloudに保存されている一方で、「tag3」はこのdraftに割り当てられていないので、「tag3」にはチェックマークが付いていない。



次に、この新しいタグ付けされていないdraftにタグ付けしてみる。


再度このアクションを起動する。
「tag1」「tag3」は事前定義タグとしてiCloudに保存されているタグ達だ。「はてな」は最近使われたタグ。


「tag3」をこのdraftに割り付けてみる。
「tag3」にチェックを付けて「Update」をタップ。


「tag3」が割り当てられた。