Web Analytics Made Easy -
StatCounter

めモらンだム・ヤード

自分で使うためのアプリの設定やスクリプト類の備忘録・覚え書き(Memorandum) / 作った物の改変等ご自由に / 内容が古いまま、間違ったまま、書いている途中、途中で放置など、手入れはあまり行き届いていない庭 / 対象の仕様変更で動かなくなったもの多々 / WorkFlowyを対象として作ったものは全滅したので枝払いをした / 製作物のインストール及び使用は各自の責任で。使用によって、利用者および第三者に損害が発生したとしても、当方は一切責任を負いかねます

20210721 watchOS 7.6へは「ペアリングできませんでした」。iOS / iPadOS の14.7へは「アップデートをインストールできません」。7/23:Wi-Fi接続を楽天から他回線に切り替えたらiOS, iPadOS, watchOSともアップデートできた。7/27:楽天から自動指定されるDNSサーバーから他DNSサーバーに切り替えたらWi-Fiが楽天のままiOS / iPadOS を 14.7.1 へアップデートできた。

目次


watchOS 7.5へのアップデートは「信頼性の低いネットワークに接続している」となり、ペアリングできない

f:id:sorashima:20210731112208j:plain:w236
と出たので、一度ペアリングを解除して新しいApple Watchとしてペアリングし直そうとすると
f:id:sorashima:20210731112536j:plain:w232
となる。

信頼性の低いネットワークに接続している

の一文が少し気になる。アップデート中にこんな文を見るのは初めて。

「新しいApple Watchとして設定」と「バックアップから復元」のどちらを選んでも、何度やり直してもペアリングできませんでしたの繰り返し。
そのくせ「やり直す」をタップすると

f:id:sorashima:20210731112938p:plain:w311
と、今までペアリングされていたようなメッセージが表示されるから意味がわからない。


仕方ないので、先に、iPhoneiOS 14.7へアップデートを試みるがエラーに

しかし今回の新たな問題は、Wi-Fiの範囲内にiPhoneが入っただけで直ぐに発生してしまうため、より深刻度が高いと思われます。

上記の深刻度が高い不具合の修正が含まれているだろうからこちらも急いでアップデートしないと。

しかし、iOSのアップデートも、「ダウンロードしてインストールする」の数ステップ後の「アップデートを検証中…」で

f:id:sorashima:20210731113507j:plain:w233
となって先に進まない。


iPhone脆弱性を抱えたままながら使えるが、Apple Watchは先ほどまで使えたのに、今は使い物にならなくなった。




2021-07-22(海の日) iPadOS 14.7もエラーに。Appleのサイトに書かれていた対処法をやってみたが

回線に負荷は掛けたくないし、速度制限も避けたいので、iPadのアップデートは日を変えてトライしたが、iPadOSも同じく「アップデートを検証中…」の後に

f:id:sorashima:20210731114844j:plain:w232
となってしまった。

には理由として、

  • アップデートに必要な空き容量が不足している場合
  • ダウンロードに時間がかかる場合
  • アップデートサーバに接続できない場合やアップデートを検証できない場合
  • アップデートが終わらない場合
  • アップデートを削除して再びダウンロードする

が挙げられている。

アップデートに必要な空き容量が不足している場合

iPadは「使用済み: 39.2 GB / 128 GB」となっており、十分過ぎる空き容量がある。それなのにアップデートされないのだから今回はこれではなさそう。

ダウンロードに時間がかかる場合

アップデートのデータのダウンロードは完了しているから、今回は特に問題としない。

一つ飛ばして

アップデートが終わらない場合

今回は、そういう症状ではない。

アップデートを削除して再びダウンロードする

iOSの「設定」>「一般」>「[デバイス名] ストレージ」で、ダウンロードしたアップデートを削除してダウンロードし直しても、同じエラーになってしまう。

そして、飛ばした

アップデートサーバに接続できない場合やアップデートを検証できない場合

「アップデートを検証中…」の後にエラーになるからこれか?

コンピュータを使ってデバイスをアップデート」と書いてある。

macOSはBig Surなので、Finderを開いてUSBケーブルで接続。「ダウンロードしてアップデート」をクリックしてアップデートのデータをダウンロードするが、7〜8割ダウンロードしたところで接続が切れて最初からダウンロードし直しになってしまう。

速度制限覚悟で再度「ダウンロードして〜」したが、また7〜8割ダウンロードしたところで接続が切れてしまう。

Windowsの古いiTunesでも試したが、これも7〜8割ダウンロードしたところで接続切れ。

これも、Apple WatchのアップデートをするAppleのアプリに「信頼性の低いネットワーク」呼ばわりされる回線だからか? そしてなぜ接続が切れても良いようなレジュームの効くダウンロードでないのか? コンピュータを使ってデバイスをアップデートするのは諦めた。


こうなると、

  • Apple Watchは置物になったまま
  • iPhoneiPadはアップデートできず、悪質SSIDの圏内に入るだけでWi-Fi機能が破壊される脆弱性を持ったまま

ということになる。困ったな。




2021-07-23(スポーツの日) Wi-Fi接続を楽天以外の回線にしたら、iPhoneiPadApple Watchもアップデートできた

Apple Watchが文鎮化まではいかないまでも置物のまま、iPhoneiPadがセキュリティ的にまずい状態のまま。そんな状況に留め置くわけにもいかず、昨日海の日を一日潰してアップデートのインストールができないか試行錯誤を繰り返した。だがiPhoneiPadも、「今すぐインストール」→「アップデートを検証中…」の後は

f:id:sorashima:20210731120620j:plain:w233
になるばかり。
母艦であるiPhoneのアップデートが終わらないことにはApple Watchのアップデートは進まないだろうと、Apple Watchは後回しに。


これまで使っていた固定回線サービスが終了してしまったので、新しい固定回線に乗り換えるまでの間、工事をしなくて済むRakuten MobileのUN-LIMIT Ⅵで一時凌ぎしている。
楽天のSIMを挿したモバイルルーターを有線でメッシュWi-Fiに繋いで作業していたが、日付がスポーツの日に変わりそうな頃、ふとdocomo回線系MVNOのSIMを挿したiPhoneのインターネット共有(テザリング)に繋いでみたらどうか?と思い付いた。

iPadを繋いでみたところ、「今すぐインストール」→「アップデートを検証中…」の後は、なんとすんなり進み、アップデートがあっけなく完了してしまった。

iPhoneも、家族のiPhoneのインターネット共有で無事に完了。(後ほどTwitter検索したら楽天回線を使ったWi-Fi接続(またはテザリング)だとアップデートできないというツイートがポツポツと出だしており、その中に別スマホテザリングを使わなくてもWi-Fiをオフしてモバイル通信にすればインストールできるという書き込みもあった。その人がモバイル接続にどこの回線を使っているのかは知らないが)

そしてApple Watchもその状態で(途中で楽天モバイル回線に切り替えたりもしたが、最終的にはMVNOテザリングで)アクティベートできアップデートが無事に完了した。

昨日一日の苦労は何だったのだろうか?ともかくも解決してヤレヤレである。


そういえば、を後から落ち着いて読み直してみたら、「アップデートサーバに接続できない場合やアップデートを検証できない場合」の項に

依然として上記いずれかのメッセージが表示される場合は、別のネットワークを使ってデバイスをアップデートしてみます。

とも書いてあった。

ともかく、早くワクチンを打って新しい固定回線の宅外/宅内工事を終わらせたい。




2021-07-27 iOS 14.7.1 / iPadOS 14.7.1でもエラー。しかし、DNSGoogle Public DNSに変えたらWi-Fi楽天回線のままでインストールできた

今回も緊急性の高いアップデートみたいだ。

だが、今回のiOS 14.7.1でもまた

f:id:sorashima:20210731115133j:plain:w231
となった。

今回は、Wi-Fiの回線を変えたり、モバイル通信に切り替えたりする代わりに、Wi-Fi通信時に使われる「DNSサーバー」をGoogle Public DNSに変更してみたところインストールできた。

参考にしたサイト:

そもそもWi-Fi版のiPadではWi-Fiを切ってモバイル通信だけの状態に切り替えることはできないので、この方法でアップデートをインストールできるのは助かる。

iPadOS 14.7.1も同じく

f:id:sorashima:20210731113809j:plain:w231
になった。

こちらは試しに、iPadOSのWi-Fi設定のDNSの部分ではなく、モバイルルーターDNS設定を同じように変えてみたところ、これもうまくインストールできた。

アップデートが完了したらDNSの設定は元に戻した。


Apple WatchiPhoneがアップデートできなかったのが7/21。
14.7.1にアップデートできなかったのが7/27。

五輪やJALの公式サイト、PSNなどで一時アクセス障害 AkamaiのDNSが原因か - ITmedia NEWS

7月23日午前1時ごろから午前2時ごろにかけて、オリンピックや日本航空JAL)などの公式サイト、プレイステーションのオンラインサービス「PlayStation Network」(PSN)などでアクセス障害が一時的に発生した。原因は明らかではないものの、コンテンツ・デリバリー・ネットワーク(CDN)を手掛ける米Akamai Technologiesが1時9分にサービス障害を発表しており、問題に関わっているとみられる。

これは23日の話だから21日にすでに不具合がでいた件とは関係なさそう。


うちのiPhone 8とiPhone SE(第2世代)、どちらもそんなことにはならなかったな。




とにかく、次回のアップデートはすんなり完了するように直してほしい。これ以上ヤキモキさせられたくない。望むのはそれだけ。




メモ目次: Apple Watch Series 3のwatchOS 7.*.*へのアップデートの記録