読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

#ToDo 関連のメモ ( #sorashima )

「物の状態が最終的にこうなっていたら良いな一覧と、その為の手順を書き込む」アプリを使う上でのメモなど。(内容が古いまま、間違ったままもあるので注意。)広告が自動で挿入される無料版ブログサービスを利用しているので、PVが増えても一銭の得にもなりませぬ

[ 記事一覧へ ]

選択テキストも含めてWebページのタイトルとURLを #MemoFlowy にキャプチャするブックマークレット 別バージョン

追記 2017-02-21

今なら、更に高機能な、 WebクリップをWorkFlowyに保存するブックマークレット MemoClip - W&R : Jazzと読書の日々を利用することをお薦めします。


あとで読むサービスをどれにしたら良いか判断しあぐねて、惰性でReadabilityとPocketとInstapaperをIFTTTで同期させていた。

ReadabilityはRSSリーダーのReederと同期できるので先ずはそこに入れてという形だったが、Readabilityがサービス終了という事で暫く前からメインはPocketに変わった。

先回のメモではそういった流れで、

サービス 用途
Pocket / Instapaper とりあえずクリップ
Evernote 写真や図表を含むものや、資料として残しておきたいもの
WorkFlowy 上の2つの中間

という使い分けでWorkFlowyへの取り込みを試みたが、InstapaperのPremium機能が無料開放され、ハイライトやコメントといった「メモ」機能を制限無く使えるようになったのだから、

サービス 用途
Pocket とりあえずクリップ
Evernote 写真や図表を含むものや、資料として残しておきたいもの
Instapaper 上の2つの中間

というのも良いかもしれない。

とりあえずクリップしたものにはタグを付けたいからPocketに。
殆どの記事は、Instapaperの一色のハイライトだけで事足りるだろう。

Instapaperの「メモ」からハイライトやコメントをエクスポートができれば便利だが。TwitterEvernoteとの連携で代用できるか? あるいは、Kindleへの記事転送は?

ただ、多ページに渡る記事が、Pocketだと自動的に全ページ取り込みできたのに、Instapaperだと最初の1ページだけということがあった。
そういうことがあると、やはりマーカーはWorkFlowyへということになるか?

ということで、以前作った選択テキストも含めてWebページのタイトルとURLを #MemoFlowy にキャプチャするブックマークレットの別バージョンを作ってみた。

以前のブックマークレットを作った時と違って、現在のMemoFlowy(Ver1.7)はURLスキームでのOPML受け渡しに対応しているので、仕様をかなり変えた。
ページタイトルをトピック名、選択テキストをトピックのノートに書き込み、URLをその子トピックに書き込む。

javascript:(function(){try{var c=document.selection.createRange().text}catch(d){var c=document.getSelection()}function e(b){var a="";a=a+b;return a.replace(/[<>&'"\r\n\u2028]/g,function(g){switch(g){case"<":return"&lt;";case">":return"&gt;";case"&":return"&amp;";case"'":return"&apos;";case'"':return"&quot;";case"\r":return"&#13;";case"\n":return"&#10;";case"\u2028":return"&#10;"}})}var f='<?xml version="1.0"?><opml version="2.0"><body><outline text="'+e(document.title)+'" _note="'+e(c)+'"><outline text="'+location.href+'" /></outline></body></opml>';document.location="memoflowy://create2send0?text="+encodeURIComponent(f)+"&x-success="+encodeURIComponent(location.href)})();

今回は転送先をInboxにした。ブックマークレット内の「create2send0」を「create2send3」に書き換えれば送信先3に送られるようになる。(送信先1〜3へは、「送信先トピック」と「トピック名」の両方が正しく設定されていないと失敗する。)

MemoFlowy Ver1.7は、OPMLに”LINE SEPARATOR (U+2028)”という文字が混じっていると書き込みが失敗するので、その文字をラインフィード(&#10;)に書き換えるようにした。(YAMAMOTO様、解析ありがとうございます)
ただ、もしかしたら、Webサイトに書き込まれている特殊文字の中にはこれ以外にも、OPMLに書き込むとMemoFlowyが不具合を起こすものが存在するかもしれない。その場合はMemoFlowyをメモ画面からWorkFlowy画面に切り替えて、クリップボードに入っている(メモ画面が一瞬表示された時点でクリップボードにコピーされている)OPMLiOSのペースト(カーソルを長押しすると出てくるアレ)でアウトラインに張り付ければOK。(MemoFlowyのツールバーのペーストボタンではURLスキーム経由同様の不具合で張り付かない)

作ってはみたが、全文キャプチャと違ってこちらは一部分を切り取るだけ。なのでノートにする必要はあまり無いな。それに一つのWebページの複数の箇所をクリップすることも考えると(WorkFlowyは一つのトピックに複数のノートは付加できない)、断然前のバージョンの方が便利だ。なので、前のバージョンの修正もした。こちらはボツ。

広告を非表示にする