#ToDo 関連のメモ ( #sorashima )

「物の状態が最終的にこうなっていたら良いな一覧と、その為の手順を書き込む」アプリを使う上でのメモなど。(内容が古いまま、間違ったままもあるので注意。)広告が自動で挿入される無料版ブログサービスを利用しているので、PVが増えても一銭の得にもなりませぬ

[ 記事一覧へ ]

AnchorのポッドキャストのRSSフィードを取得するブックマークレットとダウンロードとストリーミング

最近は、タスク管理も話題にするポッドキャストが増えてきた。
その多数がAnchorをポッドキャスト作成アプリとして利用している。

Anchorを使ったポッドキャストの紹介のされ方にはある特徴がある。
番組タイトルページ的なものではなく、個々のエピソードページのURLが貼られているのだ。
個々のエピソードの音声ファイル(mp3など)のURLが貼られているのと感覚は近い。

番組全体の購読無しに、個々のエピソードの説明文を見て聴ける仕組みがAnchorには最初から備わっているようだ。

一方、番組の購読をしたい場合は、個々のエピソードページにある「Listen in your favorite app」ボタンを押してGoogle PodcastsやSpotifyなどのポッドキャスト配信プラットフォームを選ぶことでできる。 (ただ、番組配信する人がAnchorだけで配信するか、他のプラットフォームにも配信するのかを選択できるので、他のプラットフォームで聴けないということもある。)

しかし、Listen in your favorite appに載っていないポッドキャストアプリで購読しようとすると、困ったことになる。

Overcastアプリなら個々のエピソードページのURLを入力しても上手く処理してくれてるのだが、iOS標準のPodcastアプリやRSSRadioアプリ*1などでは、個々のエピソードページのURLを入力してもエラーメッセージが表示されるだけで購読ができない。

iOS標準のPodcastアプリの場合 RSSRadioアプリの場合
購読できません
サーバーまたは配信が見つからないため、Podcastは追加できません。
ポッドキャストを予想していたのにウェブページがありました。閲覧しますか?

ポッドキャストのURLとして有効なものは、Webページのソースを見ればlink要素として載っている。
PCのWebブラウザを使っていれば簡単に確認できるが、モバイルだと別途アプリなりを用意しないといけない。

そこで、Anchorの個々のエピソードのWebページからポッドキャストRSSフィードのURLを抜き出して表示するブックマークレットを作ってみた。

javascript:(function()%7Bvar%20l=document.querySelector('link%5Btype=%22application/rss+xml%22%5D');window.prompt('Feed%20URL%20of%20'+l.getAttribute('title'),l.getAttribute('href'))%7D)();


RSSRadioアプリを長年使ってきたが、Anchorポッドキャストを聴く時はSpotifyに切り替えた方が良いのかもしれないと思えてきた。
というのもSpotifyなら、家に居るときはiPhoneからでもGoogle Castで送ってGoogle Homeで聴けるし、外出時はモバイル接続のカウントフリーサービスの対象だから通信容量を気にしなくてもよい。
クラウドだからiPhoneで聴取を中断した続きをiPadで聴くこともできる。
「一旦ポッドキャストアプリにダウンロードして」ということにもう拘る必要は無いのかも知れない。スマホの記憶容量を圧迫しないストリーミングでもう充分なのかも。

と思っていたら、Spotifyを起動した直後に「今月の無料時間の上限に達しました。」というメッセージが。
基本的に音楽は聴かない生活をしているので、音楽サービスはアマゾンのPrime Musicだけで充分で、Spotifyのプレミアムプランは無縁だと思っていた。
一度、眠っている間に知らず知らずに再生ボタンを押していて起きたらかかってたことがあったが、あの時「無料時間」とやらを消費してしまったらしい。

*1:後で気付いたが、RSSRadioの場合、Safariで個々のエピソードページを表示しておいて共有メニューからRSSRadioを選べば購読できるみたいだ。

キートップを変えるだけでも自作?!

ScrapboxについてTwitterを検索していたら、タイトルのようなツイートが流れてきた。自分が使っているキーボードも自作ということになるのか?

HHKB Professional BT 日本語配列/白。
ただし、iOSバイスに接続すると英語配列キーボードと認識されてしまう。
刻印通りに打てないキーのキートップを、英語配列キートップセットのものと交換。

ただし、

  • [BS]左隣のキーは、そのまま押してもShiftを押しても何も入力されない。
  • 上から3段目[Enter]左隣のキーは、刻印と違って[\] (Shift時は[|])になる。
  • [ ↑ ]カーソル左隣のキーも、そのまま押してもShiftを押しても何も入力されない。

Dynalistのヘルプに載せ忘れらている検索演算子

今日現在、

Search operators reference - Dynalist Help Center

を見ても載っていない。

Weekly update: 2018 week #29 | The Dynalist Blog

で追加された

[Search] New “in:title” and “in:note” search operators for more flexible search. “in:title” allows you to search for the following keywords only in the item title, and “in:note” works likewise

検索語句を探す範囲を、タイトルの中だけやノートの中だけに絞れる検索演算子


以前のメモ、
#たすくま のログを #Dynalist に保管するときのフォーマットを再検討 - #ToDo 関連のメモ ( #sorashima )
で、タイトルとノートが別物扱いされないから検索時に助かると書いた。しかし、たまに別物扱いしたい時もある。そんな時にこの検索演算子が役に立つ。